東京から近い雨の日登山(テント場もあり)のおススメ


夏山登山楽しまれていらっしゃいますでしょうか。

青空の下、遠くの山々が見える登山は最高です。

しかし、計画すれども雨の日が続き、テンションが下がってしまう...
なんてことがあるのではないでしょうか。

そんな時のために、雨の日でも比較的安心安全に登れる山をご紹介したいと思います。

初心者登山で検索すれば、必ずと言ってよいほど出てくる「大菩薩峠(1,897m)」。

ここは、上日川峠駐車場(もしくはバス停)を起点として、大菩薩峠まで砂利道林道状態の道を歩いていくことができます。初心者の場合は、雷岩、大菩薩嶺まで行かず、そのまま登ってきた道を下山することをおススメします。往復休憩込で3時間もみておけばよいでしょう。物足りない場合は2往復、3往復してください(笑)

尚、駐車場横にテント場もありますので、雨の日のテント設営練習にもよいと思います。

レインウェアを着た状態での歩行確認、他の装備の防水確認、装備が濡れてしまった場合の対応練習など...様々な練習に歩いてみてはいかがでしょうか。

下山後は、大菩薩の湯やまと天目山温泉と二つの温泉があります。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA